ブログネタ
独立・起業・経営 に参加中!

きのう、2007年12月24日、偶然に「愛してるよ、カズ」という
ドキュメンタリー番組を視聴しました。


ここ関東では、テレビ朝日(10ch)で午前10:30より一時間にわたり
放送されました。


昨年、2006年12月9日に小児がんが原因で亡くなった
光武上総(みつたけかずさ)君(7歳)の記録です。

うちのカミさんとセガレが水泳教室に出かけたあと、たまたま、
チャンネルを合わせたのです。


番組は長崎文化放送の制作で、2007年3月4日に初回の放送がされた
ということです。

http://www.ncctv.co.jp/bangumi/2007/telementary/main.htm


私は溢れる涙をこらえることができませんでした。


ひとり泣いていました。


仮に、神様・仏様がいるとしたら、「なんということをするんだ」
と思いながら・・・・・。


お母さんである綾(りょう)さんが、既に重篤な状態にある
愛息の上総君に「愛してるよ」と耳元で語りかける。


上総君は朦朧としながら母の問いかけに対して「俺も」と応える。


子どもに死は似合わない。


あまりに無慈悲だ。


人と人との出会い・・・・・。


それは奇跡に近い。


たとえ親子であれ・・・・・。


今を大切にしたいと思う。