ブログネタ
独立・起業・経営 に参加中!

経営者・起業家・創業予定の皆さん、お疲れ様です!中島保です。


本日の日本経済新聞朝刊(1面トップ)に「損益分岐点(比率)が82%に改善」という見出しが躍っておりました。


これは、上場企業1,620社の平均だそうですが、人件費・減価償却費・支払利息をはじめとする固定費の削減が功を奏したということです。


しかし、売上原価を主な要素とする変動費率は、原油高を背景に上昇しているようです。

大企業さん!変動費率を下げるために、これ以上、下請中小・零細企業を泣かせないでくださいね。


まっ、そんな話しはさて置き、早速、本題にいってみよーっ!


■本題にいく前にこちらをご覧ください!(タダです)→ 人気blogランキング


昨日の続きですが、会社におカネを残すにはどうすればイイのか?


今回はそのポイントをお伝えします。


1.現金・預金以外の資産を減らす

・売掛金、受取手形の残高を減らす → 回収を急げ!

・棚卸資産を減らす → 死に筋商品は叩き売ってもいいから、資金化せよ!

・商売の役に立たない資産を減らす → 投資有価証券、遊休・余剰固定資産(土
 地、建物、機械設備、車両運搬具など)は売却せよ!たとえ、値がつかなくて
 も、固定資産税や自動車税などの税金支出は減りますから。


2.一時的に負債を増やす

・買掛金、支払手形、未払金の残高を増やす → 支払いを延ばせるところは、待
 ってもらう。あるいは、分割払いにする。(強引にやってはいけません。信用を
 失うだけです。あくまでも、相互理解が必要です。窮余の策と心得よ!!)


3.役員や従業員の報酬・賃金体系の見直し

・業績に見合った報酬・賃金を支払う → 評価の基準をつくり、かつ、透明性を確
 保することが重要です。能力主義の人事考課制度を導入すべし!

・おカネがないときは、社長が率先して、自分の給与を下げる → 赤字なのに多
 額の報酬をもらっている社長がいますよっ!

 ※会社をクイモノにしてはイケません!「会社≠私物」


4.自己資本を増やす

 ・確実に利益を出す → 付加価値の高い商品を提供し、かつ、コストを抑える。
  収益源の確保は社長の仕事です。なんとしても、赤字を出さない経営を目指 
  すべしっ!


いかがですか?


・・・・・・・。


当たり前のことですよね。


その「当たり前のこと」を、是非とも、実行してください!


悩むより、まずは、行動でっせっ!


それでは、本日は、これにて御免っ!


■中島をご贔屓にっ! → 人気blogランキング