ブログネタ
独立・起業・経営 に参加中!

経営者・起業家・創業予定の皆さん、お疲れ様です!中島保です。


三井住友銀行(SMBC)は信託機能を活用した「映画ファンド」を商品化して、個人に販売するそうですね。


著作物を信託財産として管理することで、権利関係を単純化し、効率的な運用を図るということです。

一方、顧客には、興行収入やライセンス供与で得た利益を分配し、運用期間(4年半)終了時には、著作物を売却して、金銭を交付するとしています。


第1弾の商品名は「北斗ファンド−英雄伝説」。アチョーッ!


因みに、インターネット限定販売で価格は1口10万円。


個人は裾野が広いですし、ファンも巻き込めそうですね!


まっ、そんな話しはさて置き、早速、本題にいってみよーっ!


■本題に入る前にこちらをチェック! → 人気blogランキング


ところで、「稼いでるのにカネがないんだよ〜っ?」なんて、お悩みの社長はいらっしいませんか?


「勘定合って銭足らず」というやつです。(涙)


はたして、その実体は?


稼ぎ(利益)とおカネ(現金)を混同していることに一番の原因があると思いますよっ!


そこで、唐突ですが、次の問いにお答えください。


●設問

1.現金(資本金)300万円で会社を設立しました。

2.一年後の売上高は1,000万円でした。

3.費用は総額で800万円でした。

さて、手元にいくらのおカネが残るでしょう?


●普通の答え

1.売上1,000万円−費用800万円=利益200万円

2.よって、資本金の300万円とあわせて現金500万円が手元に残る。ヤッター!!


ここでは、利益の分だけ現金も増えていますね。つまり、「稼ぎ=おカネ」という図式です。

でも、これが実現するのは、代金の受け取り、費用の支払いともに、現金決済の場合だけです。

う〜ん(唸)、ありえないことではないが、現実には難しい・・・・。


●ありえない答え

1.売上1,000万円−費用800万円=利益200万円

2.売上代金は現金で受け取り、費用は支払っていない。

3.資本金300万円+現金売上1,000万円−費用支払0円=現金1,300万円


「稼ぎ<おカネ」となりますね。

あらゆる取引先が1年を超えて支払いを猶予してくれるなら、これは成り立ちます。

しかし、実際には、ありえねぇーっ!!


●現実的な答え

1.売上1,000万円−費用800万円=利益200万円

2.お客さんが破産するなどして、代金の回収が進まない。(涙) だけど、費用の支払いは待ってもらえないし・・・・・。資金繰りが厳しいので、足りない分を銀行から借りた。

3.資本金300万円+売上回収0円−費用支払800万円+借金500万円=現金0円


この場合は、「稼ぎ>おカネ」となります。

さらに、税金や利息の支払いを考えると、大変なことに・・・・。

経営者としては、このような最悪の状況を想定しておきましょう。

十分にありえますよっ!!


※いままでお話ししたおカネ(現金)の動きを、巷では、キャッシュフロー(現金の流出入)と呼んでいます。カタカナ語に惑わされ、難しく考えないでくださいね。



【結 論】


赤字では倒産しませんが、資金がなければ黒字でも倒産します。


おカネの帳尻をあわせることは、

              社長の最も重要な仕事です!


以上、本日はこれにて御免っ!


■社長〜っ、応援してね!! → 人気blogランキング