※人気blogランキングに登録しました。→ 人気blogランキング
 

皆さん、お疲れ様です!中島です。


本日は前回に引き続き、補助金・助成金についてのお話です。
 

ところで、補助金・助成金の落とし穴ですが、一つ重要なことが抜けていました。(汗)
 

それは、


既に支出した費用は、補助・助成の対象にならない、

ということです。


補助金・助成金を申請する際は、事業計画書(将来の予定)の提出を求められます。

※事業計画書等、必要書類のフォーマットは用意されていますので、ご安心を!


つまり、採択された(審査を通った)計画に基づいて、支出された費用だけが、補助・助成の対象になるのです。


一部、例外もあるようですが、これが原則です。


ご注意ください!


ここからが今日の本題です。


実は、経済産業省系の補助金・助成金制度は、製造業を主な支援対象にしています。

やはり、モノづくり大国ニッポンですからね!


従って、サービス業はもちろん、商業(卸売・小売)を営む方にとっても、使い勝手の良い制度は余りありません。


その中で、本日、ご紹介する制度は「これから創業予定の個人、会社を設立予定の個人、既に事業を営んでいる個人事業主や法人を対象に、業種・業態を問わず、申請できる」という貴重な中小企業支援策です。


なんと!ビジネス・アイデアについても助成の対象になるのです!


また、資金面だけでなく、ビジネスプランの実現・販路開拓に向けたコンサルティングも一体的に実施されます。


それは、

独立行政法人 中小企業基盤整備機構が所管する事業化助成金です。


事業化助成金
http://www.smrj.go.jp/venture/grant/index.html


この制度は、平成16年に創設され、募集期間は5月中旬〜6月中旬と11月中旬〜12中旬の年2回です。


因みに助成率は1/2、助成限度額は500万円です。


今年(平成17年)の第1回目は既に募集を終えていますが、2回目の募集に向
けてチャレンジしては如何ですか?


因みに、平成16年度 第2回目の採択率(合格率)は7.35%と、やはり、狭き門ではあります。


【平成19年12月8日時点での最新情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事業化助成金採択状況
http://www.smrj.go.jp/venture/grant/015603.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しかし、補助金・助成金は税法上、雑収入扱いです。


これは何を意味するのか?


つまり、500万円の助成金が支給された場合、仮に売上高経常利益率(売上高に対する経常利益の割合)を5%とすると・・・・・・・・・・。


1億円の売上に匹敵するということです!


「良くわかんねぇ〜よ!!」という方は、顧問の税理士さんや公認会計士さん、あるいは、お近くの商工会・商工会議所の担当者にお尋ね下さい。


ここでは、説明すると余計にややこしくなるので、この辺にしておきます。


とにかく、その価値の凄さをお分かり頂ければ、それでイイのだーっ!(古)


さぁ〜、皆さん、11月に向けてチャレンジだーっ!!


それでは、本日はこれにて御免!


※「チャレンジするぞ〜!」という方はこちらをクリック!
               ↓
          人気blogランキング