起業や独立の際に悩むのは、やはり、開業資金ですよね。

ネット起業等、一部の例外を除けば、設備投資や運転資金に、それ相応のおカネが必要になります。

ところで、資金の調達手段ですが、一番堅いのは自分でセッセと貯めた預貯金を取り崩して、事業資金に充てることですよね。

これができる方は非常に計画性があるといえます。

しかし、多くの方は見切り発車で事業を始めようとする傾向にあるようです。

つまり、自己資金がない方は、賛同者から出資を受けるか金融機関から融資を受ける以外に資金調達の道はありません。

出資に関して言えば、親・兄弟・友人・知人を除いて、機関投資家やベンチャーキャピタルからの投資は望めないでしょう。(大企業の子会社や有望な知的財産権を確保しているなら別ですが)

融資についても、自己資金がある程度あり、しかも保証人あるいは担保がなければ、業歴のない個人・法人にはおカネを貸してはくれません。

じゃー、一体どうすればイイんだよ!

次回以降はこの辺のことを皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。

それではー!